キャンプ

冬のキャンプに薪ストーブを。

冬キャンプ,薪ストーブ

冬キャンプと薪ストーブ

さて12月に入り、グッと冬感が増してきましたね。

冬到来。さぁ戦いが始まりますよ。何って冬とのですよ。

ついにやります、行きます冬キャンプ。春夏秋にとどまらず冬にもキャンプ行ってやりますよ。

キャンプが趣味となってわりとズブズブになってるんですが、オールシーズンにキャンプをこなしてやっと語れるというか、なんとなくそんなことを勝手に自分で思ってましてね。せっかくアウトドア楽しんでるんだし、日本には四季ってもんがあるんだし、自然とがっぷり四つに組んでやろうじゃないの、と。四季だけに。

ということで12月に初の冬感キャンプに臨むわけです。

でもやっぱり冬なめたらあかんってことで事前に準備は万端にしておきたいと。そしてなんだかんだ憧れちゃう薪ストーブってもので寒さをしのぎたいってことで思い切って入手しましたよ薪ストーブ!

それがこちら、ローベンスのデナリテントストーブ(Robens Denali Tent Stove)です。

robens denali tent stove

テントは同じローベンスのクロンダイクを手に入れており、そのテントには中でストーブが使えるようにとあらかじめ煙突用の穴というか、筒みたいなものが装備されているのです。それはこの冬キャンプを見越してのチョイスであり、薪ストーブありきの選択でもあったのです。

そしてそのテントにインストールするのがこのデナリストーブってわけです。もちろん、テントと同じメーカーだからサイズとかの相性がばっちりってのもありますが、やっぱりルックスが良いのが決めて。円筒形のボディからスラっとのびる足が素敵なこのデザイン。かつ、収納も考えられてるというこころにくさ。素晴らしい。

しかし実際のキャンプにもっていく前にいささか準備が必要だそうで、1番大事なのは事前に薪ストーブに火を焚いてを使ってみるという慣らし焚きというものです。なぜ慣らし焚きが必要なのかといいますと、まずこの新品の薪ストーブが鉄でできているというのがあります。そしてその鉄の部分には耐熱塗料が塗ってあるので、いきなりテント内で使ってしまうとその耐熱塗料が燃えて悪臭が充満してしまいます。これはやっておかないと。

あとは事前にストーブの組み立てかたや薪ストーブに火を入れた感じや後片付けの仕方などの薪ストーブに慣れておくという予行演習的なことも含めて作業してみました。

事前準備とストーブ慣れ

まずは組みたてから。ストーブのパーツは下の写真のようなラインナップ。手袋と収納バッグは付属してます。

薪ストーブ,denali tent stove,デナリ テント ストーブシンプルなパーツ構成です。

とくに難しいことはなかったけど、ボディの足を伸ばす時にピンのようなものを外すという作業があるのですが、そのピンを外すのが少し硬い&どうするのコレ感が多少あるので注意を。

デナリテントストーブ足を折り畳んである状態。
デナリテントストーブからの、このピンを外して足を伸ばしてまたピンで固定します。

実際に組み立ててみると、煙突をフルで伸ばしてみて3メートル強。さすがに単独だと支えがないとちょっと不安定。しかしフルで使わないと試し焚きの意味がないと思い、庭の木にちょいともたれかけさせました。(いま考えるとちょっと危なかったかも。)

デナリテントストーブ煙突がゆがんでる 笑

準備が整ったらさっそく試し焚き。だからといっていきなりマックスな火力でやってはいけません。ストーブが変形してしまうかもしれません。まずは細い薪を着火剤などで燃やし、きちんと火がまわったら太めの薪を1、2本入れてそれが自然に燃え尽きえるまでそのままにしておきます。

デナリテントストーブたしかにちょっと変なニオイがした気が…

その作業を2、3度繰り返したら慣らし焚きは終了です。慣らし焚きをしているあいだは、ストーブ横でその暖かさを確認したり、音楽を聴きながらコーヒーを飲んだりとちょっとしたアウトドア気分に浸ってました。これがテントの中にあれば、さぞ暖かくなるだろうことは簡単に想像がついたね。

 

 

DUBを聴きながらの薪ストーブ慣らし焚き。まさに、ほっこり。 #denalistove

ひっさんさん(@hissan3)がシェアした投稿 –

薪ストーブが見させてくれる景色に期待!

そんな感じで薪ストーブの準備&確認作業は終了。あとは片付け。本体の中にバラした煙突がすっぽり収まる収納はよいです。そして付属のバックにしまえば持ち運びもスムーズです。ただしそこはややっぱり鉄。アイアン。なので重いは重いです。持ち運びはお父さん担当だな。

薪ストーブを家でひととおり使ってみて早くキャンプに行きたくなりました。初めての冬キャンプ、初めての薪ストーブにワクワクしてきましたよ。そこには冬ならではの楽しみや景色があるので家族でがっつり体験してきたいと思います。またその時の薪ストーブを使ったキャンプのレポートを書きますね。

デナリテントストーブ,慣らし焚き