雑記

平日の夜の街を楽しくナイトクルージング

東京は夜の7時から

仕事終わりに心の栄養を求めて

平日の仕事終わりに刺激的な音楽やアートイベントに行ける東京の夜はほんとに面白い。

とりわけ僕のような家庭を持つ趣味人は土日になかなかワンマンプレーでがっつり遊びに出かけるわけにはいかないので、会社帰りに行けるイベントがあると大変に助かるのです。

そんな東京で働くいちサラリーマンの仕事帰りにイベントを楽しむ様子を綴ってみますね。東京に限らず都市部でガツガツ働く同じような境遇の人もこういう楽しみ方もあるのかと参考にしていただければと。

とある金曜日の夜の行動

金曜日、仕事が終わったのが19時ちょい前。定時が18時なので残業となってしまったけど、すぐさま恵比寿へ。会社からは電車で1本で行けるので30分ほどで会場となる恵比寿リキッドルームへ。

ここではBLACK SMOKERというレーベルの年末恒例感謝祭へ。リキッドルームはライブハウスだけれどメイン会場ではなく違うフロアのラウンジにあるKATAというギャラリースペースでのイベント。

内容はBLACK SMOKERに縁のあるアーティストたちによる作品の展示やグッズ、CD販売、ライブやトークなどが繰り広げられる3日間。初日が金曜日だったので仕事帰りに参加したのです。

BLACK SMOKER、存在は知っていたけどここ1、2年の動きというか参加するアーティストが自分が好きだったり、気になる人が多かったのでチェックしてたところにこういったショーケースがタイミングよくあったので良かったです。

DJの流すグッドミュージックでフラフラ踊りながら、名だたるアーティストの作品を眺めてビールが飲めるなんざぁ、会社の人と飲みに行くより何倍も自分の肥やしになりますよって話しですわ。ちなみにDJによるショウタイムだったのでチャージ1000円でワンドリンク付きでした。

BLACK GALLERRY 会場贅沢な時間&空間

そしてこの日はもう1つ魅力的なイベントがあるため、恵比寿をそうそうに切り上げ新宿へ。こちらは前日にツイッターから流れてきた情報より、mei eharaというアーティストの無料ミニライブが21時よりタワーレコードで行われるのでそちらへ。

Mei eharaさん、カクバリズムからのリリース&評判がすごくよい&ネットやラジオで聴く音源が良いってことで気になっていたところでのミニライブだったので良いタイミング。アルバムのほうはバンドサウンドだけど今回は弾き語りスタイルでのステージ。全5曲だ30分弱だったけどじゅうぶんに堪能できたし。むしろ弾き語りだから曲と声の良さが引き立っていて良かった。(ライブの後はしっかりサインも頂く。)

サラリーマンが街をナイトクルージングする理由

という訳で平日金曜日のこの日、仕事が終わって7時から2つのイベントをハシゴして大変に充実した趣味時間を過ごせましたね。お金もほとんど使わずにこの内容だから、お父さんのふところ事情にも嬉しい。

いくつになってもこうして現在進行形の音楽やアートを追っていくのはたいへん楽しいし、そこからまた次々と知らない世界の扉が開いていくのもとても刺激的で、自分にとっての心の栄養補給を十分に満たしてくれますね。

そうしてまたリフレッシュした状態で仕事ができたり、家ではいろんなものに興味があって楽しそうなお父さんの姿を見せられたり(仕事で疲れきったような姿を見せるのはイヤでしょ?)して、自分以外の周りにもいい影響がでるので、東京という環境を上手く利用して仕事も家庭もバランスよく楽しく過ごしていきたいですな。