雑記

老人と鉄球。それはそれはお洒落なスポーツでごさいました。

老人とスポーツ

とある休日にわりと大きめの公園に遊びに行きました。公園の端の少し開けたスペースに、6、7人のグループがなにかスポーツらしきものをしているようです。

公園と老人とスポーツのようなもの

そんな光景を目にした時、私たちはなにを思うでしょうか。きっとこう思うでしょう。

あぁ、ゲートボールをしてるのだな。

それはそうだろう。公園で老人がスポーツをするといえばゲートボールだ。

なにせ昔は「おはようゲートボール」なるテレビ番組もあったくらいだし。老人とゲートボールとは切っても切り離せない関係といっても過言ではないはずだ。

ちなみにゲートボールとは細長いとんかちみたいなやつを使って、ゴルフのようにボールをうち、次々とゲートをくぐらせて最後に中心のポールにぶつける、というおなじみのスポーツです。

しかし、その日僕が見た光景は少し違かったのです。

よくよく見ると老人がやっているスポーツにはゲートがない、ボールを打つやつも持っていない。あるのはボールだけだった。さらにらいえばそのボールもどうやら違う感じで、なにやら重そうだ。

どうやらゲートボールではなさそうだな。でもなにかスポーツなのだろう。きっと楽しいはずだ。なにせあのゲートボールを絶ってまで始めたんだから、楽しいに違いない。

その名はペタンク

老人のスポーツ界ではなにか起こってるのかもしれないと思い、早速そのスポーツを調べてみました。

そしてそれらしきスポーツを見つけたのです。それは、

ペタンク。

ペヤングでもペタンコでもない。始めて聞いたネーミングでした。

どうやらそのペタンクはフランスが発祥の球技で、フランスでは老若男女問わず600万人の愛好者がいるみたいです

重そうな球は鉄球でした。その鉄球を目印めめがけて投げて、目印に近い鉄球の数で得点が決まる。おおざっぱに言うとこんなルールです。とてもシンプルそうなスポーツです。

詳しいルールが分かるペタンクジャパンのホームページ

このサイトによると、選手たちはラテンで競技をするらしく、そこにはラテンオートリゼとラテンアンテルディがありその間にはリーヌドペルトが引かれている。

試合はビュットを投げて目標を決め、そこめがけてブールを投げていく。ティール作戦をしたりしてカローを目指す。状況によってポワンテールやティルール、ミリューを投げ分けて得点する。

なんだこれは。よくわからないじゃないか。ラテンオートリゼにポワンテールだ。なにをどうしたらいいんだ。老人たちは大丈夫なのか。

それにしても世界的にはペタンクはどんな人たちがやっているのだろうか。

とりあえず国際ペタンク・プロヴァンサル連盟(F.I.P.J.P.)ホームページで見てみると。

あら、世界中の人たちがやってて賑やかな感じ。そしてなんかおしゃれ感ある。なるほど世界的には老人に特化したではまったくないのだね。

それにしてもこんなおしゃれなスポーツがなぜ日本のゲートボール界に割り込んできたのか。道具の少なさやシンプルなルールがそうさせたのかもしれない。僕もちょっとやってみたくなったし。若い世代に支持されてる有名人がペタンクやってます、なんていい感じでアピールしたらもっと普及するのではないか。そして人気が出たあかつきにはテレビ番組も始まるだろう。タイトルはもちろん「おはよう!ペタンク」で。

マイナースポーツが知りたい

しかしながら世界は広い。まだ見ぬスポーツはまだまだ山ほどあるに違いない。知らなかったスポーツを少し理解して見る面白さは快感だ。

今度あの公園に行ったら実際のペタンクを生観戦してみよう。老人たちも少しおしゃれに見えるかもしれない。