DIYリフォーム

平屋の古民家をDIYでリフォームした話し〈エピローグ〉

古民家,リフォーム,平屋

家の最終調整

家の手直しがほぼ終了したので、さあ住めるかってなるところですが、まだまだ自分たちではできないところもあるので、それらは業者さんやら職人さんやらにお願いしてそれが仕上がってから初めて住めるようになるのです。以下そのまとめ。

古民家,リフォーム,平屋

さて、そのお願いしたところとはまず電気。以前の家からコンセントの数や位置(事前に使用する家電の位置決めて)、照明の数や位置など変更したいと思い、それに伴って電気の使用容量も増やしたかったのでそれはお願いしました。コンセントや照明のスイッチも新しくしてもらいきれい&安全&安心に。

次にガス。我が家は古い家なので都市ガスが通っていなかったためプロパンガスにしました。キッチンとお風呂に使う給湯器とコンロに使用するために各々のガス管の調整をお願いしました。

そして水道。新しくしたキッチン、お風呂場の水道の位置を直してもらったり、脱衣所に置く洗濯機や簡易式水洗トイレ用に新しく水道を引いたりしてもらいました。

古民家,リフォーム,平屋

そして畳。こればっかりは新しいものに変えないとどうしようもなかったので、6畳と4畳半の2部屋分を変えました。今の部屋の形にピッタリとはまるように採寸からなにからさすが職人といった仕事でした。畳の縁の色や種類も選べたりもしましたし。しかしなんといっても新しい畳の気持ち良さったらないですね。タタミバンザイ。

あとはテレビやネット、電話用にケーブルを引いたりだとかしてようやく住める環境に。

ついに!古民家のDIYリフォーム完了!

終わってみればいやはや素晴らしいリフォームでしょう!これは。そりゃプロの人やDIYを極めた方からすれば、「ふふーん」てなもんでしょうけどもDIY初心者がここまでできれば立派なもんですよ。

って自分たちで言ってますけど。

なのでDIY初心者でも熱意とインターネットとホームセンターがあればここまでできるということが分かっていただけたかなと。

そんなこんなでこのリフォーム、当初は終了まで3ヶ月と予定していたのですが諸々こだわったりとか問題が勃発したり(キッチンやお風呂の配水管が地面の途中でなくなってた!)とか間に結婚式あげたりとかもしたのでなんだかんだ1年以上もかかってしまいました。

我々夫婦2人Nとも実家暮らしだったので結婚してからも一緒に住めない状況が数ヶ月…しかしそれだけ長いあいだ自分たちで手直ししてきた家なので住めるとなったら愛着もひとしおです。

きれいになった我が家の内装やインテリアを考えては買い物にいったりしてさらに自分たち仕様にしていくのも楽しかったなあ(遠い目)

古民家,リフォーム,平屋

このDIYリフォームした家での生活

この経験を経たことで、使っていくうちに家の中でガタが出てきたところは出来るだけ自分たちだけで作業して直せたりしますし、ちょっとしたDIYや必要なものを作ったりだとかはできるようになったのでいい経験になったなと今となって改めて思いますね。

なにより、なんだかんだ家族が増えても10年以上飽きずにこの家に住み続けられてることがうれしいです。

さすがに子供たちも大きくなってきてこの家も手狭感がでてきてしまったので次のステップに行きたいとは思いますが、この家はちょっと残しておきたいなぁとか考えるくらいの愛着はあります。

リフォーム記、おしまいです。

といった感じで我が家のリフォームドタバタ奮闘記、少しでも読んでくださった方はどうもありがとうございました!

そしてこの記事が同じようにこれからリフォームやDIYをしようとする方のなにかお役にたてたり参考になればなおうれしいです!

感想や意見ももらえたらうれしいです。これからもこの家のことやこの家で起こったことなどもこのブログで書いていきたいと思ってるので気が向いたら覗きにきてください。

よろしくお願いします。

古民家,リフォーム,平屋