雑記

父親に必要なのは威厳かヘラヘラか

父親,お父さん,パパ,理想

子供が大きくなってきたぞ、そこのサブカルお父さん!

小学生、中学生くらいの子供をもっているお父さんたち。

みなさん自分の子供が人格を持ち会話も対等にできはじめる頃、父親としての子供との接し方ってどうしてるのだろう。もう絶対的な権力でもって一家の主として君臨するのか、一緒にワイワイやって楽しくするのか。

自分の思う父親像と子供の思う父親像

僕も小学生2人の父親なわけですが、自分が今の子供たちの年齢のときの父親に対するイメージといま自分の子供が僕に対するイメージってかなり違うと思う。

僕が小学生の時の父親のイメージはわりと無口でほかの家族とある程度距離を保ちつつちょっと威厳のある感じの佇まい。はしゃぐなんてもってのほか。いっしょに外に遊びに行くことも少なかったし。怖いわけではなかったけどあんまり話すことも多くなかった。典型的なサラリーマンで真面目。おそらく無趣味。子供ながら「お父さん仕事しかしてなくて、面白いのかなぁ」なんて思ってました。

一方でいまの自分はというと、自分の父親の反動なのか基本的にヘラヘラしてるしいっしょにバカ話ししたり歌も歌ったりする。自分の好きな音楽も一緒に聴いたり。よくいっしょに遊びに行くしなんか自分でも友達みたいだなとか思ったりするような感じ。威厳もくそもない。仕事だってスーツ着て行かないからね。

威厳 or ヘラヘラ

威厳ファーザーがいいのかヘラヘラファーザーがいいのか。

お父さんそれぞれの性格もあるしね、無理して威厳をつくっても絶対バレると思うし、真面目な人がヘラヘラしてたらちょっと怖いかんじでちゃうでしょ。

僕は自分の子供に怒鳴れないし叱れないしましてや手をだしたりできない。それができることが威厳があるということにはならないけど、子供に威厳を感じさせる要素ではあると思う。でもこれが心の底からできる気がしない。

「水曜どうでしょう」という大泉洋というタレントを世に送りだした人気のモンスターローカル番組があるのですが、その番組の名物プロデューサーに藤村さんという人がいまして、その人がむかしなにかの番組で「父親が家のなかでニコニコしてればその家庭は大丈夫。」的なことを言っていて、ほんとそうだなと思ったのです。

僕自身楽しい事が好きだし、常に笑って過ごしたいと思っているので家族と一緒にワイワイするのが必然なのかなと。親の背中を見て子は育つ、と言うけど子供たちにも将来笑顔が絶えないような家族を持ってもらえればなぁと思ったり。

ヘラヘラしてても威厳は保てるヘラヘラはオススメ

でもこのヘラヘラファーザー、普段ヘラヘラしてる分ここぞという時にちょっとだけ厳しめにするだけでその効果は絶大。日常的に怒ったり叱ったりしてそれに慣れてしまうより、たまに発する効果的な一撃のほうが効きはいいと感じます。

その一撃がかえって父親の威厳を保てている部分でもあるのかなぁなんて思ってみたり。

ヘラヘラ家族と楽しみつつも父親としての威厳は保てるサイクル!最高の着地点!

とか考えてても将来子供たちに「父親としてダメダメでした」とか真逆のこと言われたらやだなぁ。なんてね。