キャンプ

お父さんたちヘ ファミリーキャンプのススメ

キャンプ,camp

小学生くらいの子供を持つ自分と同じ40代くらいのお父さんたちが休日に家族と一緒に泊まりで出かけようってなるとやっぱりあれですか、観光地に車や電車で言ってホテルや旅館に泊まり、うまいご飯でも食べて、温泉や観光でのんびりする。って感じですよね。我が家もそんな感じです。旅行は楽しいし、リフレッシュもできる。当然の選択です。

がしかし、その別の選択肢のひとつとしてキャンプという選択肢が入ってる家庭はどのくらいいるんでしょうか?なかなか少ないんじゃないでしょうか。

今回はその選択肢がないお父さん方にキャンプという選択肢を入れていただきたい、入れたらいいじゃない、入れておこうよ!ってお話です。特に子供がいるひとはなおさらね。

いきなりこんな上からの出だしでなんですが、自分、もちろんキャンプ好きっす。キャンパーとしてはどうかな、中の上くらい。いや、中のちょい上くらいですかね。しっかり腰を据えてキャンプするようになってからは10年くらいたってます。ちなみに昨年の2016年シーズンは5月から11月まで毎月1回はキャンプに行きましたね。装備のほうもそれなりになってきて、ある程度心に余裕を持ってキャンプできるようになってます。ほら、中のちょい上くらいでしょ。(行ってよかったキャンプ場情報や我が家のキャンプ道具のスペックの詳細はまた後日このブログで書きたいと思ってます)

そんな自分がやっぱりキャンプはいいなぁと思うところがあるので、キャンプすることをオススメしたいのです。

ではなにがそんなに良いのか。一言でいってそれは日常から非日常に身を委ねるところでしょうか。おっと、いきなり抽象的な感じでごめんなさい。でもやっぱりキャンプの醍醐味はそこかなと。

自分の場合でいいいますと、毎日電車で会社に行ってビルの中で一日中パソコンの画面を見ながら仕事している環境からいきなり自然の中にポーンと放りこまれて頭の中の感覚が切り替わる感じ、っていったらわかりますかねぇ。そういうのが家族のみんなにも起こっていると思っているのだけども。家事から自然にポーン(お母さん)、学校から自然にポーン(子供)、テレビやゲームから自然にポーン(子供)、みたいに。仕事や家事やゲームが嫌だからダメだから気分が変わっていいでしょって話しではないですよ、念のため。

でまあ家族がみんなそういう感覚の状態で過ごすってのが楽しいなと。しかも普段よりも確実に不便な環境でみんなの力を合わせながら。でも家族は家族で各々の楽しみかたで過ごしてるんでしょうけどね。お父さん的には普段とはちがう家族の様子を見て楽しむのもいいかなと。

そりゃ、オススメする理由として大自然バンザーイ!とか外で料理してそのまま食べてウマイー!とかは当然のこととしてありますよ、もちろん。あと最近はなんだかんだとキャンプする人が増えてきてるのでキャンプギアの充実っぷりがすごくて、デザインがよかったりいろんな種類が出てきたりしてあれこれ選んだり、悩んだりするのも楽しいです。

といっても事前にいろいろ買って準備するのが大変だなと思っている方、最近のキャンプ場はレンタルも充実しててほぼ手ぶらでキャンプできちゃうところもあるので、そういうところで一回経験してみるのもいいと思います。

という感じで、キャンプのススメをしてきたのですが伝わったでしょうか?なんかもっと具体的な感じでオススメできれば良かったのかもしれないですけど、分かりやすいのとはちょっと違う感じで攻めてみました。少しでも「おっ!」ってなった人はぜひキャンプ行きましょう!