DIYリフォーム

平屋の古民家をDIYでリフォームした話し⑥〈お風呂場編その1〉

古民家,リフォーム,平屋

ついにお風呂場のリフォームに着手!

いよいよ家のリフォームも大詰めになってまいりました。

ところでみなさん、突然ですがコンクリートって作ったことあります?

僕はあります!

ってなんの自慢だって話しですが今回はいよいよここまできたかってところの話しです。作業した場所はお風呂。リフォームもなにもきれいに掃除して、また壁の色を塗り替えたりするだけじゃないのか。

違うのです。キッチンをDIYでリフォームし終えた我々はその自信をもって、いよいよお風呂さえもDIYリフォームしちゃおうと画策したのです。

キッチン同様、以前のお風呂の状態も非常に厳しい感じで、このままきれいにしても使えないなという状況でした。はじめにこの物件を見たときにキッチンとお風呂を見てアウトにしなきゃいけなかったんですが、リフォームもある程度できてきたし、キッチンも仕上がったのでもうやるだけやってみようと。いまの我々ならできるぞと。

これほどまでの風呂場でしたよ。

きっちり構想を固めてから

状況を説明しますと、以前のお風呂は家とつながった増築のような半小屋みたいな場所にあり、出入り口はキッチンからしかできません。お風呂の中も下はほぼ地面と同じ高さで、うっすらコンクリートをひいたところに風呂釜・湯沸かし器があり、床にすのこを敷いていたという状態でした。

これに対して我々が計画したのが、

  • キッチンからしか行けない動線の変更。
  • 脱衣所のスペース確保。
  • 床をあげて風呂場まで入りやすくする。
  • そこに単体で買った風呂釜をはめる。

といった感じです。

あとは思いっきりやるのみ!

まずは動線の変更。キッチンからしか行けないと出入り口付近になにも置けないし、炊事などしてる時に裸でうろうろされる(する)のもいやだったのでこの出入り口は完全に使えなくします。

ではどこからお風呂に入れば?入り口がなければ作ればいいじゃない!ってことで入り口を作ろうと。

でもどうやって?じつはお風呂の小屋と隣り合っている部分に、トイレへ行く廊下がありました。しかし当然お風呂との間には壁があって行けません。ここがお風呂とつながれば理想だなあ…。

勘のいい人だともうおわかりでしょう。壁をなくせばよいのだと。

ということで壁、壊しました。壁、なくしました。

「壁を壊す。」なんてリフォームっぽい作業なのでしょう!テレビでよく見るぞ、そういう映像!

土壁だったのでハンマーでたたいて崩しました。これでもかってくらいに叩いてやりました。こんな経験もなかなかできないね。

叩いて壊せ!
壁、なくなりました。

無事開けた入り口の先に今度は脱衣所のスペースを作ります。家の床から風呂場地面までは50センチくらいあるので地面から40センチくらいの高さに脱衣所の床がくるように支えとなる9カ所にコンクリートブロックを重ね、空いたスペースには崩れたブロックや大きい石を敷き詰めてそこにモルタルを流して固定しました。

ストイックなまでに作業を

ってサラっと書きましたけどこれってもう業者だな。そこまでやらないでしょ普通ってとこまできましたね。いや、やろうと思えば誰だってできるんですよ。コンクリートブロックだってモルタルの材料のセメントや砂だってホームセンターに売ってるし。

まあ、やらなきゃ終われないってのもあるし、なんかどこまでできるんだ?みたいな己の限界への挑戦的なところもあるし、アスリート的なステージまできちゃった感じです。

で冒頭の言葉。コンクリート作ったってやつですよ。正確にはさっきのモルタルですが。ちなみにセメントに砂と水を混ぜたのがモルタル。そこに砂利を入れて強度をだしたコンクリートです。

いや、リフォームを始めた当初はまさか自分がセメントを練るだなんて思ってもみなかったです。でも作りました。固めました。モルタル。自分にコンクリートを作らせるにまで至らせるとは、古民家恐るべし。DIYリフォーム恐るべし。

created by Rinker
家庭化学
¥1,178
(2018/12/12 03:55:37時点 Amazon調べ-詳細)

お風呂場のリフォームはDIYなのか業者なのか

やり始めてみるとやはり苦戦したお風呂のDIYリフォーム。始めてしまうとなかなか後には引き返せないのがDIYリフォームの悲しいところ。

やりだしたからには最後までやりぬく覚悟はありましたけど、それはあくまで当時の時間や体力がある環境での話で。いまこれと同じようなお風呂のDIYリフォームが自分たちでやれるかと言われると、確実にノーですね(笑)

昔と比べるといまはDIYリフォームする人も増えて、ホームセンターに行けば欲しいDIY用品がなんでもすぐに手に入るし、安くて素敵なリフォームをしてくれる業者も多いのでDIYでやるにしても業者にお願いするにしても、時間やお金を考慮して自分の状況に合ったベストなリフォームが選択できる環境になってますね。

インターネットがあれば、お風呂リフォームの適正価格を、優良施工店の中から比較してベストな見積もりを無料でやってくれる便利なリフォームサイトなんてのもあるんです。

僕たちがお風呂のDIYリフォームしている時にこんなサービスがあったら間違いなく利用してますね。

なにせ見積もりが無料だし(施工店を比較してくれる!)入力もシンプル(よけいな個人情報は入力しなくてよし!)だからサクっと調べられるからね。

お風呂リフォームを考えているなら下記のリンクから最適な見積もりを取ってみましょう!

オンラインリフォームサイト「リノコ」公式ホームページ

我々みたいに「とことんまでやってやるぜ!」っていう無駄に強いこだわりがなければ、業者によるお風呂リフォームの相場を調べてから、DIYにするか業者にお願いするか判断するのも全然アリです。

しかし当時の我々はここからまだまだDIYでがんばるのです!この先のモルタル祭りでのお風呂リフォームはここからが本番!最終的にDIYでどんなお風呂が完成したのか?

風呂場のメインフロアとの格闘、そして感動のフィナーレはお風呂場編その2へ続く!↓

平屋の古民家をDIYでリフォームした話し⑦〈お風呂場編その2〉